Working with Japanese Clients is a series of videos commenting on current trends and topics relevant to Japanese business active in the UK and EU markets, and others around the world. In the first episode in this series, Mark Prinsley, London head of the Intellectual Property & IT group and Ryota Nishikawa, London associate in the Intellectual Property & IT group, discuss the relevance of data protection and GDPR to Japanese businesses. Mayer Brown is a leading global firm in the areas of data protection law and cybersecurity, including GDPR. 

Click on the link below to watch the episode. Watch further episodes here.

“Working with Japanese Clients” では、イギリスEUやその他世界各地の市場における日本のビジネスに関連する最新の動向や話題について、シリーズで説明いたします。シリーズ第一弾では、データ保護やGDPRの日本企業への影響について、ロンドンにおける知的財産ITグループのリーダーを務めるMark Prinsleyと、同グループのアソシエイトである西川竜太が解説いたします。メイヤーブラウンは、GDPRを含めたデータ保護法やサイバーセキュリティ分野での世界有数の国際法律事務所です

以下のリンクをクリックください。過去の配信を見るためにはこちら