メイヤー・ブラウン法律事務所は、アジアにおいて150年以上の活動実績を有し、法律事務所の中でも高い知名度を誇っております。当事務所はアジア全域において確かな基盤を持ち、中国本土、香港、シンガポール、タイ、ベトナム、そして日本にオフィスを有します。また、東南アジア諸国においても多岐に渡る案件でクライアントを支援してきた長い歴史と実績があり、数多くの大手現地法律事務所とも密接な関係を構築してきました。当事務所は、国境を超える複雑かつ大型案件に対して真摯に取り組んできました。各地域の取引慣行や市場ルールに対する深い知見や各業界の特性に対する知識を前提として、クライアントに最善のリーガルサービスを提供しております。取引的な側面からコーポレート、金融、ストラクチャリングに関する助言を行うことにとどまらず、東南アジア諸国への海外投資に関し、各種税制、タックスプランニング等、各種税務面からのサポートも行います。

本資料は、東南アジア諸国やインドへの投資を検討されている投資家の皆様に対して、注意すべき法務・税務上の諸問題について共有することを目的としています。

ダウンロード –