概要

安達知彦弁護士は、東京オフィスのシニアアソシエイトである。

主に資源・インフラ関連プロジェクトおよびそれに関連するM&A、ジョイントベンチャー、ファイナンス、生産物販売契約や輸送契約の分野で10年以上の経験を持ち、日系企業の海外投資へのリーガルサポートを行っている。

大手総合商社法務部への出向経験もあり、法務スタッフや営業現場とともにさまざまな分野で事業法務のサポートやコンプライアンスに取り組んだ。

メイヤー・ブラウン入所前は、ロンドンおよび東京で別の国際的法律事務所に勤務していた。在英10年の経験を生かし、英国法のアドバイスを日本語でわかりやすく伝えることができる。

使用言語

  • 英語
  • 日本語

経験

液化天然ガス (LNG) 事業

  • オイルメジャーとの長期LNGポートフォリオ売買契約に関し、日本のユーティリティ会社に対する助言を行う。
  • 中期LNGポートフォリオ売買契約に関し、日本の売主に対する助言を行う
  • アジア太平洋ポートフォリオLNG売買契約に関し、アジア系買主に対する助言を行う。
  • オーストラリアのIchthys LNGプロジェクトに関し、北アジア地域に向けての販売のためのLNG長期売買契約について日本及びフランスのスポンサー企業に対する助言を行う。
  • ペトロナスとの中期LNG売買契約に関し、日本のユーティリティ会社に対する助言を行う。
  • LNG調達・カーゴスワップ・輸送船傭船に関連して欧州系エネルギー会社との戦略的提携に関し、日本のユーティリティ会社に対する助言を行う。
  • LNGスポット売買契約の会社専用雛型作成に関し、日本のユーティリティ会社に対する助言を行う。
  • ナイジェリア産LNGの転売に関し、日系企業コンソーシアムに対する助言を行う。
  • パプアニューギニアのLNGプロジェクトに関し、プロジェクト事業会社に対して契約及びストラクチャリングについて助言を行う。

石油・ガス上流案件

  • 英領北海におけるアルバ・ブリタニア鉱区権益取得および取得後の生産物販売契約等オペレーション事項に関し、日本の大手総合商社に対する助言を行う。
  • 英領北海における新規探鉱鉱区への欧州系資源会社との共同入札および共同操業契約に関し、日本の石油探索会社に対する助言を行う。
  • ミャンマー陸上および沖合探鉱鉱区へのファーム・インに関し、日本の石油探索会社に対する助言を行う。
  • ミャンマー沖合の複数の探鉱鉱区の欧州系メジャーとの権益取得に関し、日本の石油探索会社に対する助言を行う。
  • マレーシア沖合生産資産への入札に関し、日本の石油探索会社に対する助言を行う。
  • インドネシア沖合生産資産権益に関する開発やファイナンスに関し、日系コンソーシアムに対する助言を行う。
  • 東南アジアの生産資産の売却に関し、日本の大手総合商社に対する助言を行う。
  • アゼルバイジャンの大規模石油ガス事業の操業に関し、日本の総合商社に対する助言を行う。
  • ミャンマーの沖合石油ガス事業の操業に関し、韓国系企業に対する助言を行う。
  • 欧州系資源会社のロンドン証券取引所における新株発行に関する資産調査(ヨーロッパ、アフリカ、中南米)に関し、国際的金融機関に対する助言を行う。
  • インドネシアにおける生産資産売却に関し、日本の石油探索会社に対する助言を行う。

船舶ファイナンス

  • FPSO/FSOのファイナンス、操業、売却に関して、日系コンソーシアムに対する助言を行う。
  • 船舶ファイナンス、リファイナンス、傭船契約に関して、日系金融機関に対する助言を行う。

発電・インフラ事業

  • タイにおけるKhanom 4発電プロジェクトに関し、レンダーに対する助言を行う。
  • 英国における原子力発電所建設のストラクチャリングに関する助言を行う。
  • サウジアラビアにおける太陽光発電ジョイントベンチャー設立に関し、日系企業に対する助言を行う。
  • ギリシャの主要港湾操業権に関する入札に関し、日系企業コンソーシアムに対する助言を行う。

ジョイント・ベンチャー、その他M&A

  • 欧州系洋上石油ガス施設サービス会社取得に関して、日系コンソーシアムに対する助言を行う。
  • ニュージーランドの野菜フルーツ加工業者買収に関して、大手総合商社に対する助言を行う。
  • 日本を拠点とする資産運用会社の買収に関して、アメリカ系金融機関に対する助言を行う。
  • アジアを拠点とする食糧流通会社の買収に関して、大手総合商社に対する助言を行う。

記事

  • 2月 02
    2018

    英国の安全保障と外資規制の見通し

  • 11月 02
    2017

    2018年4月に迫る男女間賃金格差情報の初回公表

学歴

Oxford Institute of Legal Practice, Postgraduate Diploma in Legal Practice

University of Bristol, Bachelor of Law (Honours)

Keio University, Bachelor of Law

登録

  • 連合王国 第890号
  • 外国法事務弁護士, 東京弁護士会 第G875号