米国・中西部で創業し、現在は11カ国に25事務所を擁する国際弁護士事務所、メイヤー・ブラウン法律事務所(本社:米国・シカゴ、代表:Paul W. Theiss)は、長年に亘る日系企業との協力関係を強化するため、日本に初進出し、東京に外国事務弁護士事務所を開所します。今回の東京事務所開所により、メイヤー・ブラウン法律事務所は日本企業の海外展開、特に米国、ラテンアメリカ諸国、ヨーロッパ、中国、香港およびアジア諸国におけるプロジェクト・ファイナンス、M&Aや国際仲裁などを支援していきます。

メイヤー・ブラウン法律事務所代表のPaul W. Theissは次のように述べています。「過去数年に亘り、メイヤー・ブラウン法律事務所は数多くの日系企業、銀行、商社と連携してきました。そして、これら日系企業との関係をさらに深化、発展させるためには、東京でのプレゼンスが必要であるとの認識に達しました。今後は世界的に著名なルパート・バローズ弁護士が東京事務所を率いていきます。我々はこの重要なステップを支えてくれた日本企業のお客様に感謝しています。」

東京事務所を率いるルパート・バローズ弁護士はM&Aを含むプロジェクト開発及びプロジェクトファイナンスの専門家であり、東京で20年以上の活動経験を積み重ねてきました。またバンキングおよびファイナンス業務を担当するパートナーのシュリ・マスキ弁護士、会社法及び証券法業務を担当するパートナーのゴードン・パームクイスト弁護士、バンキング及びファイナンス業務担当のシニアアソシエイトである安達知彦弁護士が東京事務所に加わります。

マスキ弁護士は、プロジェクトファイナンスをはじめとする銀行・金融業務の豊富な経験を有していますので、欧州やアジアの輸出信用機関などのレンダーや出資者、エネルギー・鉱業・インフラといった分野の公的機関に対し複雑なプロジェクトについてアドバイスいたします。また、日本と韓国の輸出信用機関に出向した経験があり、そこではオーストラリア、東南アジア、欧州、ラテンアメリカにおいての取引に関する助言を行いました。東京での勤務経験は5年以上にのぼり、それ以前はロンドン、シンガポール、ドバイでの勤務経験もあります。マスキ氏は、イングランドのカンタベリー州に位置するケント大学で修士号を取得後、法学修士号はユニヴァーシティー・カレッジ・ロンドンで取得し、英国法の下で弁護士としての開業資格を有しています。

パームクイスト弁護士は、企業の合併・買収、ジョイント・ベンチャー、私募投信業務を専門とし、日本の企業、保険会社、その他の金融機関を対象に海外でのM&A、海外子会社の売却、プライベート・エクイティ投資やベンチャー投資に関するアドバイスを提供いたします。また、ファンド組成や不動産・インフラ投資についても通常業務としてアドバイスいたします。パームクイスト氏は、セント・オラフ大学にて学士号、日本の国際大学にて修士号、ミネソタ州立大学法科大学院にて法学博士号を取得した後、シカゴのメイヤー・ブラウンに入所しました。米国法の下での弁護士資格を有しています。日本には15年以上の在住経験があり、ロースクールに通う以前は、日本でマーケティングと販売の業務経験があります。